2006年07月27日

あれから一ヶ月…

メルが亡くなって一ヶ月の時が流れました。
だっこしたときの感触、撫でたときの感触を思い出すとき
そこにメルの体がないことに空しさと悲しさを感じます。
だけどメルのこころはここにあります。

あの子が庭で遊ぶとき、いつもアゲハチョウが来ていました。
今も、メルのことを想いながら庭を見ていると、
どこからかハラリとアゲハチョウが姿を現します。
そのときは、ああ、メルがチョウに姿を変えて
会いに来ているのだと本当に嬉しいです。

メルとは今でもこんな風に穏やかに交流しています。

ニックネーム ゆっこ at 10:27| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ブリーダーさんからの電話

メルのいない生活が始まり、しばらく経ちました。
そんな中、ひとつ気になっていることがありました。
それはメルの兄弟のことです。
血統書によるとメルにはお兄ちゃんか弟のどちらかがいるとのこと。
メルがこういう病気で亡くなったということをブリーダーさんに伝え、
そして兄弟にもそれを伝えるべきではないかということでした。

血統書には、ブリーダーの名前と住んでいる市の名前しかありません。
お名前だけではインターネットで検索してもHITしなかったので、
いろいろ検索語句を変えてTRYし、30分後にやっとブリーダーさんの
正式住所、電話番号などを発見することができました。
この方はその市で、大きなペットセンターを経営されていて、
柴犬だけでなく多くの犬種の子犬たちを販売されているようでした。
メールアドレスがありましたので、昨夜、
メルがうちに来てからのことを要所要所メールにしたためました。
メルがここで最後まで頑張って生きたこと、
私たちにしあわせを与えてくれたこと、
そして兄弟が心配なことをブリーダーさんに伝えたかったのです。

今朝私の携帯電話が鳴りました。

それは私が昨夜メールを出したブリーダーさんご本人からでした。
朝、私のメールを読み、お電話をくださったのです。

すでにメルの兄弟には連絡を取っていただいたようで
元気にしているということでしたが、ブリーダーさん、そしてそこのお宅の方も、
メルに起きたことを知り、大変驚かれ、ショックを受けられたようです。

メルを産んだ母犬は今回が2回目のお産であったようです。
前のお産で生まれた犬たちも問題はないということでした。

また、メルのお父さんは、このブリーダーさんのところにいるそうで
また近くへ来られることがあれば、寄ってくださいと仰いました。

私は重ねて、他の子に問題がないと聞いて安心したこと、
そしてメルが精一杯生きたことを伝え、電話を切りました。

電話がかかったとき、私は外出先の駐車場にいたんですが、
切ってから、じわ〜っと涙が込み上げてきました。

メルのことをさらに愛しく思いました…

ニックネーム ゆっこ at 17:55| Comment(4) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

死亡届

さっき市役所へ行って、メルの死亡届を提出しました。

この前登録をして、そして今こうして死亡届を出している…
人生というのは本当に何が起きるのか分かりませんよね。

だからこそ、「今」を抱きしめて生きなくては。
そんなことをメルは教えてくれています。


alamaison.jpg




ニックネーム ゆっこ at 11:15| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

本当なら…今日で5ヶ月…

2月2日生まれのメルは、生きていたら今日で5ヶ月でした。
4ヶ月目を迎えたときみたいに、抱っこしてもう祝えない…

葬儀を終え、メルが苦しみから解放されたことで
ほっとしていた私ですが、今じわじわとメルの不在が
胸に押し寄せています…正直、淋しいです…
視線の先にはいつもメルがいるような気さえします。

そんな中…メルが元気なときに注文していた迷子札が届きました。
メルという文字と、私の名字と電話番号が入っています。
これをつけていろんなところへ行こうと思っていたんですよね…
結局メルがこれをつけることはありませんでした。

今の私にできることは、いつも見てくれているメルに
人生を明るく元気にたくましく生きている姿を見せること。
メルとの思い出を胸に、これからいっぱい輝きたいです!

ニックネーム ゆっこ at 15:40| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする