2006年06月25日

無力な私…

6月24日。

朝、立つことも歩くこともできませんでしたが、
昼前になって、ゆっくりとではありますが、
ちゃんと歩行できるようになりました。
ふらふらで、歩みはとても遅いけど、
それでもメルは昨日と同じようにぐるぐる回り出します…
それは果てしない、限りない旋回…

メルを抱きしめて止める…
しばらくすると疲れているのか、ぐったりと目を閉じる…
でもまた今度は私の元から飛び出し回り始める…
その繰り返しを何度しただろう…

眠っているわずかな間に、目やにを取ったり、薬の準備をしたり
しました。ここのところ目やにがすごかったのですが、
今日は昨日の量をはるかに超え、取っても取っても出てくる状態。
膿のような目やにでした。

また、朝から尿も出ず、心配していたのですが、14時にようやく。
しかし今日は右目の痙攣だけではなく、
首、そして右足の痙攣も目立ちました。
昨日よりはるかに衰弱しているメル。
そして症状がひどくなってきているのも明らかでした。

旋回以外には、これまでのような発作はなかったのですが、
18時30分以降は小さな発作が繰り返し起き、19時30分に大きな発作。
このときは脱糞もしてしまっていました。
それからも少し眠っては、発作でおこされ、また回り続ける行動を
繰り返し、23時30分にはさらに大きな発作が起こりました。
部屋ではぶつかってしまう物が多い為、庭へ出ました。
白い泡を吹きながら全身痙攣で地面に倒れて苦しみました…
私は無意識に手を合わせていました…
すさまじいメルの容態に私の心もかき乱され、
途方に暮れていました…何もしてやれない私…
できるのはメルに声をかけ、そばにいることだけ…
今、ようやく部屋に入ってきましたが、
それでもメルはまだ回り続けています。
今はとても静かにゆっくりと。

メルの疲労を考えると泣けてきます。
ぶつかったりして体中痛みはないのだろうか…
頭は痛くないのだろうか…
子犬のメルに起きているこの現実を
私はまだどこかで否定したい…そんな思いがあります。
メルが愛しい。メルとの時間が愛しい。

ニックネーム ゆっこ at 00:15| Comment(2) | TrackBack(5) | てんかん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

悪夢の6月23日

昨日はまたPCに向かう時間がなく一日が過ぎていきました。

朝はなんとなく元気があるかな、という感じで、久しぶりに
空を通るヘリコプターに吠えたりして、あぁ、元気なメルが
こうして戻ってくるのかとの淡い期待を抱かせました。
庭もなんとなく楽しそうに走ってるし。
だけどなんとなく午前中、空(くう)に向かって吠える姿が目立ちました。
その鳴き声がだんだん悲しみを帯びて聞こえてきて、
しばらく鳴くとすごい勢いで走り出し、ぐるぐると回りだすのです。
午後に入って、その間隔が短くなり…
部屋中、庭中、とにかく回りながら走るのです。
止めようとすると、その場でぐるぐると回り続け、
それを止めようとすると、今度はいつもの発作が始まる…

そうなんです。朝からその前までにあった泡を吹いて
全身痙攣で、という発作はなかったんです。
薬が効いているのだと思います。
ただ、この旋回が発作が姿を変えたものなのだろうかと思いました。
私は家にひとりで、狂ったように回るメルを止めたり、
てんかん発作を起こしてしまうので見るしかなかったり、
そんな午後を過ごさなければなりませんでした…
獣医さんが言った通りの状況が目の前で起きたのです。
私は昨日まで、メルに起きていることは「夢」なんだ、と
心のどこかで現実逃避をしていたように思います。
でも、昨日はそれが現実であることを思い知らされ、
メルは病気なんだという事実が心の奥に入り込みました。
そしたらもう涙が止まらなくなってしまいました。
メルも疲れている…自分ではどうしようもない力で
回らされている…他にも神経障害の症状は顕著に出てきています。
顔面痙攣が強くなってきていますし、顔だけではなく、首にも。

それでも幸いなことに、ドライフード、ウェットフード、
ペットミルク、お水はちゃんと飲んでくれます。
ただ午後からはもう自らはその場所へ行って食べることは
不可能になっていました。私が口まで運んでやっと、という感じです。

昨日の出来事をこうして文字で打っていると、なんだか簡単に
記述しているようにみえますが、現実は文字だけで表せないものでした。
正直、私は一体どうしたらいいのか、途方に暮れました。
ただ泣きながらメルを止めている私…

メルの場合は重症である、
安楽死も考えなければならないかもしれない、
と仰った獣医さんの言葉がひしひしと重く脳裏に響きました。

メルには視覚障害、聴覚障害も出てきてます。
もう私が誰なのか分からないようなときもあります。
メル、まだ4ヶ月ですよ…小さな体で本当につらいだろうに…
まだ心のどこかで「なぜ?どうしてメルにこんなことが」と
何かを責める気持ちがある…でも駄目ですね。
もっとちゃんと現実を100%受け入れて、ありのままの
今のメルを私がちゃんとこころから受け入れてあげないと。

そして迎えたのが今日…
昨夜は夜遅くになってメルも疲労困憊でぐったりして
ベッドに入れたらそのまま眠ってくれました。
(息はとても荒いままでしたが…)
朝もそのままの状態でした。
ときどき目を開けて空(くう)見ているんです。
その瞳を見ていると、自分に何が起きているの?という風ではなく、
もう自分に起きていることを理解しているような
そんな落ち着いた静かな目をしています…
私が近付いてもあまり反応はありませんが、
薬、お水、朝ごはんはちゃんと取りました。

ただ…

今朝は歩けません。
メル、いつもの朝のように歩くことができません。


060623fleur.jpg
昨日メルとお庭にいたときに採ったお花を花びんに

ニックネーム ゆっこ at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | てんかん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

恐怖の朝

昨日は夜まで、そして夜の間も発作はなく、
ほっと一息…薬がもう効いてくれているのかな、
なんて思っていたのですが、発作は再発しました。

今朝5:30のこと。
今回も全身痙攣…もう本当に辛そうで…
それから約1時間ほど、10分〜15分おきに起こりました。
家の中だと色んなものにぶつかる可能性が高いので、
お庭におろしました。発作の合間も放心しているように
どこともなくぐるぐると回り続けます。
その足取りはもうふらふらで何度も倒れてしまうのです。

ようやく発作がおさまったのか、お庭の草むらに横たわりました。
まだ早朝で涼しく、空気はひんやりと気持ちよかったです。
メルも発作の疲れを癒すかのように身を横にしていました。
呼吸もさほど荒くなく、本当に「休んでいる」という感じでした。
かれこれそれから1時間ほどは庭にいました。

me220606niwagoro.jpg

今日はそれから雨が降り出しました雨

メルはおうちでまたずいぶんと眠りました。
ごはんやお水のあるところまで自分からしんどくて行けないので
何度か口元へ運ぶと、少々食べたり飲んだりしてくれ、
(薬も服用してくれました)安心しました。
しかしながら確実に食欲が減退しています。
そして感情を表すことが少なくなりました。
でもそれは薬の影響もあるだろうし、何より発作で疲れているのですね。

昨日から言えることは、発作は集中して朝に起きること。
日中、発作は起きないが、足腰がふらふらで寝続けること。
今夜はまだ分かりません。そして問題は明日の朝。
正直、怖いです。心配です。
起きませんように、と祈ります。

しっぽをふりふり、ニコニコと寄って来たメルに
また会いたいです。それまで治療頑張ります!

ニックネーム ゆっこ at 18:31| Comment(4) | TrackBack(4) | てんかん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

悲しみ…そして強さ

昨日も色々あり、PC前に座る時間がありませんでした。
ですが、記録だけはちゃんと残しておきたくて紙に書いていました。

まず19日ですが、獣医から戻り、13時45分に発作があった後、
さらに 15:30 17:00 21:00 23:30 に発作がありました。

夜になり、20日に日付が変わってからも、
0:20 1:30 とあり、それから幸い朝5:30までは無事でした。

発作は最初と同様、白い泡を吹き出し、体が硬直したようになり、
その度に脱糞、あるいは失禁をしてしまっていました。
その間は30秒くらいです…その後はもう疲れてぐったりです。

その後も 7:00 10:30 14:50 と発作…。
病院へ行きました。先生は昨日メルを見た時点で、これから
どういう症状になるのか分かってみえたようです。
症状を説明すると、私の話を落ち着いて聞いてくれました。

メルの場合、重症だとはっきり仰いました。
右目のチックが頻繁に起きていますし、一日にこんなに
発作が起きるというのは大変な事態なのですね…
その回数が増えたり、また発作が起きている時間が長くなったりする
可能性もないわけではなく、そうなると体力もすごく消耗し…
長くは生きれないかもしれないということでした…

shonbori2006.jpg
病院からの帰り道、車内でぐったりするメル…

抗てんかん薬での治療を開始することに決めました。

獣医さんから帰宅後、昨夜は2時間おきに発作が起き、
私もメルも寝ていない状態です…
メルは疲労困憊…まだまだ子供なのにメルちゃん…

そして今朝、繰り返す発作が襲った夜が明けましたが…
8時になると、今度は今までとは違う発作が起きました。
全身が自分の思うように動かないので、あらゆる方向へ
動きまくり、障害物があると頭や体に当たってしまいます…
とにかくメルの体が動く方向にあるものをのけて、のけて、のけて…
まさにのた打ち回るという感じでした…
胸が張り裂ける思いでした…
そして治まったかと思うと、今度は5分後にまた同じ発作が…
それが8時半まで延々と続いたんです…
悪夢でした…

その後はもうメルはふらふらで、眠り始めました。
それから今まで(現在13:30過ぎ)時々起きては少しごはんを食べては
また眠りにつく、というのを繰り返しています。
発作はありません。ごはんを少しでも食べてくれるのは嬉しいです。
あれだけ激しい発作があった後だけに、今度もまたああいう発作が、
と思うと、ものすごく不安です。でもそれはメルも同様だろうと思います。
昨夜から服用している抗てんかん薬の効果はすぐには効かないと
聞いているので、それが効いて来るとはまだ期待はしていませんが、
何かしらのいい影響が出てくれはしないかと思ってしまいます。

今もメルは眠っています。
その寝顔を祈るような気持ちで見ているだけの私です。
悲しくても、強く気持ちを持っていなければ。

ニックネーム ゆっこ at 13:32| Comment(2) | TrackBack(3) | てんかん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

異変

昨夜いつもより帰りが遅く、家人もまだ帰宅していませんでした。
メルにしたらこんなに長い留守番は初めてでした。

メルに異常事態が起きたのは昨夜です。
口をパクパクさせたかと思うと、口から泡のような唾液が…
こみ上げてくるようで、メルはそれを何とかしたいために
パクパクさせているようでした…
初めてのことなので、私も驚きましたが、メル自身も
パニックになっていたようで、同時にそこに脱糞しました。
その間、大体30秒くらいでしょうか…

それが起きてからはまた普通の状態に戻ったので
翌日(つまり今日)の様子を見ようということにしました。

そして…今朝、やはり発作が起きました。
昨日と同じ状態です。

即、病院へ…

診断は「てんかん発作」でした。
原因は今のところ不明なんですが、
おそらく先天性だろうということです。

他にも考えてみれば「あれ?」と思うことはあったんです。
少し前に右目の瞬きが多いかな?と思ったのです。
その動きが今日は確かに目立ってきてます…
もしかすると痙攣がどんどんひどくなってゆくことも考えられる、
ということで、今日は一旦帰り、しばらく様子を見るよう言われました。

治らなかったり、悪化した場合は薬でてんかんを抑えていきます。
もしかすると一生てんかんと向き合わなければならないかもしれません。

先日ジステンパーで亡くなったシェリーも最後の日々は
激しい痙攣におかされていました…
シェリー、そしてメル…
辛い日々がやみません…

【追記】06/19 獣医さんから戻って13:45に再び発作あり。

ニックネーム ゆっこ at 14:46| Comment(4) | TrackBack(1) | てんかん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

シェリーの死

メルが来る前、うちにはトイプードルのシェリーちゃんがいました。
16歳なのですが、数年前から緑内障で片目を無くし、
またもう片方の目も視力がほとんどなくなり、
聴力も衰えて、もう名前を呼んでも振り向かない状態でした。
それでもトイレもきちんとできるし、気はしっかりとした犬でした。

私は昨年末までの約10年間を海外で暮らしていたので
ずっとシェリーと一緒にいた訳ではありませんが、
それでもうちの犬ということで彼女の存在は大きかったのです。
時折帰省すると、ここ最近の衰えには心が痛んでいました。
帰国して、同じ家に住むことになり、老犬と共に暮らすということ
はどういうことなのかを考えさせられました。

このブログには書いていませんでしたが、実は、5月末あたりから
シェリーの様子がおかしくなりました。急に元気がなくなったのです。
それから血便が出たり、鼻水が出たり…そしていつもは平気で
ベッドに上がれたのに、それさえもできなくなっていきました。
母がシェリーを連れて通院始めたのはその頃です。

ジステンパーだと宣告されました…

老犬でもう弱っていたところへウイルスは容赦なく襲い掛かりました。

幸い、メルはワクチンを済ませていたものの、感染病なので
シェリーは別の部屋に隔離をすることになりました。

シェリーは…日に日に衰弱していき、
看病する私たちもまいりそうでした。
ここでは詳しくは書きませんが…シェリーは14日に息を引き取りました。
冷たくなった身体に触れ、シェリーが天に召されたことを実感…
その顔は美しくとても安らかでした。
その前にとても苦しんでいたシェリーを見ていただけに、
穏やかなシェリーを見て、ほっとしました…

うちからシェリーの存在が消え、淋しい気持ちですが、
シェリーは本当に立派に生きました!
母の落ち込みが大きいので、メルも心配そうにしています。
悲しみが癒えるには時間が一番の薬。
こうしてシェリーが私たちに残してくれたものは
時間をかけて、私たちのこころへ定着してゆくのだと思います。

she140606-4.jpg
シェリーちゃん、ありがとうね!

ニックネーム ゆっこ at 17:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ジステンパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

縁側

フランスから一緒に帰ってきた猫のミツは
やけに縁側が似合います。
よく縁側で物思いにふけっております。

そこへメルの登場だ!

ときには静寂を破られますが…
今日は二人して縁側でほのぼの…

m&m140606.jpg
和ませてくれるねぇ〜、私の天使たちよかわいい

ニックネーム ゆっこ at 17:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

それだけは…

たまにファッション雑誌などをかまれていることがあります。
気付いたときには「やられた…」と思うしかないのですが。

だけど「いぬのきもち」のはしっこを齧られてるのを発見したときは
ちょっとショックが大きかった〜あせあせ(飛び散る汗)それだけはやめて〜という感じ。

幸い「シーバ」は助かりました。ほっ顔(笑)

mags.jpg

ニックネーム ゆっこ at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

うちでのはじめてのシャンプー

小さいときに色んなものに慣れさせてて
苦手なものをなくす方がいいとよく言われます。

しかしすでに首輪には失敗…

でもそんなことではめげませんわ!
心新たに、今日はシャンプーに挑戦!
2回目のワクチン接種が終わった後、
一度プロにシャンプーしてもらったときは
ふわふわになってきて感動したものです。
しかし私がしたらどうなるのか…ちゃんとさせるのか…
ドライヤーもOKなのか…ちょっとDOKIDOKIでした。

「メル、今日はシャンプーしよう〜!」と風呂場から呼ぶと、
なんか嬉しそうにやって来たぞ、来たぞ〜るんるん
ええ感じやん!

シャワーではなく、朝からお風呂を作って
そのお湯を洗面器でかけて洗う方法をとりました。

まず洗面器でザブ〜ンあせあせ(飛び散る汗)

あれ、全然逃げない、どころか、なんか気持ちよさげ!

まるで「洗って揺れるハート洗って揺れるハート」と言いたげな顔。
これはいいや!

というわけでメルちゃんのおうちでシャンプーは大成功exclamation
お風呂が好きな子のようです。嬉しいなぁ☆

ドライヤーもマイナスイオンの出るドライヤーで
それは丁寧に乾かしましたが、こちらもご機嫌♪
メルってば普段はとても凛々しいけどちゃんと女の子なんですね〜!

aftershampoo.jpg
洗った後は毛も柔らかくそよそよとしておりました。
つやつやぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ニックネーム ゆっこ at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

くたくたのぬいぐるみ

よく書き込みをしてくださるルーちゃんママさんの
ところのルーちゃんはかなりすばやく
ぬいぐるみを形のない状態にしてしまうそうですが…
(ちなみにルーちゃんはメルより約1年お姉ちゃんです)
メルは形をなくすまでにはまだかなり日数を要します。

kuma090606.jpg

今日の写真のメルの手元にあるぬいぐるみは、まず両目がなくなり、
そして中のスポンジがすべて外に出され、くたくたになっていますふらふら
そして前面にあるのはまだはっきりと形を残しているくまちゃん。
目はかなりやばい状態ですが、それでもまだどこも破られていません。

でもいつかは…きっと…姿が…もうやだ〜(悲しい顔)

しかしながら、かみかみしてるメルを見て
私の手じゃなくてよかったぜぃ〜手(パー)と思う私がいるのでした。

ニックネーム ゆっこ at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする